イXメンのマイブームブログ

方向性の定まらないブログです

35歳の転職 職務経歴書

成果を出した人はもちろん、出さなかった人だってちゃんと考えて働いてきたのであれば、それを「職務経歴書」でアピールしまくれます。中途採用者には「職務経歴」というオリジナルがあることが学生時代との大きな違いですね。



もちろん学生時代は学生時代で学業やサークルやその他本人なりの活動がありますけど、いざアピールしようってなるとどうしてもポイント稼ぎのための似たり寄ったりな内容になりますし、若いからいろんな本やサイトや優秀な同級生に影響されたりして自分自身の言葉を持てない人が多いと思います。中途採用は世界で自分だけの書類がつくりやすいなと、転職活動をやってて思いました。



職務経歴書には若干のハッタリ(大したことないことを大したことあるように見せる)は書いたものの、ウソは一切書いてません。私は前職で(なんならその前も)大して活躍しませんでしたが、それでもウソを書くことなく膨らませることはできました。「このメンバーの中で私はこういうことをやってました。そしてみんなでこういう成果をあげました!」とかならウソなしで成果をアピールできます。笑

成果の出なかったものは「こういうふうに取り組みました。」と前向きに考えて試行錯誤してきたことをアピールしました。仕事ができなかった人でも書けるアピールだと思います。その試行錯誤で多少でも結果に結びついたものがあればそれは書いときました。結びつかなかったことについては、こういう経験を通してこういうことが身についた、あるいは感じたので、貴社においてもいかせる、あるいはこの姿勢で業務に取り組んでいきたい。とかアピールしてました。

もうね、良い結果も悪い結果も全部アピール材料にする気持ちでやってました。失敗だって自分を高める経験なわけですし!


職務経歴書を書くにはリクナビネクストがよかったです。向こうで形式を用意してくれるので、それに書いていくだけ。コクヨの職務経歴書に書き写すときはリクナビネクストに書いた内容を手短にまとめてました。

・・・肝心の求人のほうはね。大きい会社が多かったんですけど、それだけに転勤必須みたいなのばかりで。無理でしたね。マイホームまで建てちゃったもん俺。

でも職務経歴書の作成についてはありがたく活用させていただきました!あれはほんとにいい!



あとは細かいことですけど、くだらねーと思いつつも手書きで書きました。出身の小学校から書きました。


一般的な人の車の免許は、正式には「普通自動車第一種運転免許」だそうです。私は一度も正確に書いていません。笑