イXメンのマイブームブログ

方向性の定まらないブログです

蓄電池は元がとれないと言われたし自分もそう思う

蓄電池

非常電源だけでなく、普段の生活にも活用

たっぷり発電した太陽からの自然エネルギーをしっかり貯めて、効率的に電力を利用できるようにするセキスイハイムの蓄電システム「e-Pocket」。
上手に「蓄エネ」することで購入電力を抑えたりと、環境や社会にもやさしい暮らしを実感できます。
さらに貯めるものを「割安の深夜電力」に切り替えれば、時間帯に関係なく、電力を家じゅうでおトクに使え、家計にも貢献できます。


だそうです。ハイムのHPより。


おそらくハイム以外のメーカーでは推奨されないと思います。私のような庶民がこういうのを導入する際に考えるのは「元がとれるか」ですが、その点できわめて怪しいからです。積水ハウスと住友林業では「価格に合わないから入れないほうが良い」と言われました。


個人的には、建物の中に大きな装置を置くということが最悪のコストだと思います。大型の装置を置くためにスペースを用意しないといけない。

大手メーカーから大幅値引きをしてもらったとして本体坪単価税込70万くらいとしたとき、1畳で35万かかる計算です。住宅ローンの金利も考えればさらにかかります。蓄電池を置こうとなれば、本体の費用に加えてこの本体価格を加味して考える必要があります。狭い家を建てる予定の我が家は最初から検討してませんから具体的な数字は見てないんですが、装置の価格だけ見て、回収される金額と比べてウーンウーンってやってる人が多いってレベルじゃ回収は無理だろうなと思います。装置と比べれば明らかに元がとれるくらいでなければ。

微弱ですが音もしますから、健康被害の可能性なんてのも聞きます。私はそこはあまり気にしないんですけど。


とはいえこれは現時点の話で。技術が向上すれば小型化して高い効率で蓄電できるようにもなって、いずれ必須の装置になる・・・のかな?



ハイムの日記?記事です。
www.ix-men.com
www.ix-men.com