30代の転職活動四社目・電子部品メーカー

tsukuva.hatenablog.jp

今回もハロワ求人。
ルート営業の募集です。内勤も同時に募集してるけど、そっちは無理だろうなぁ。


応募すると、書類選考なしでいきなり面接とのこと。求人票を見ると、たしかに書類選考の項目がない。これは人選んでない可能性がw


事務所に入ると、何か変な空気が漂っていました。みんな余裕がなさそう・・・

会議室に案内され、出てきたのは工場長と内勤の課長。直属の上司ではないの??


さて座って対面したところ、課長はともかく工場長。穏やかにしてるけど絶対クラッシャー上司です。
口調の節々に人を突き刺すような雰囲気が出てるし、何より顔つきが危なすぎる。コワモテってわけじゃないんですが、人でなしの顔です。意地が悪そうな顔の強化版みたいな。とにかく、いかにも潰してくる人の顔。で、そういう顔してる人ってだいたいその通りなんですよ。あくまで経験上だし、全員じゃないですが。


面接が始まって最初の質問に答えてるとき、なぜか超にらまれました。はあ圧迫ですかこれ。私はそんなので戸惑うほど若くないので、気にせずしゃべる。

ちなみに圧迫で委縮しちゃう人は「仕事でやってるんだよな。この人も大変だな。」って思いながら話すといいと思います。私は性格悪いので「今どきっスかー?圧迫ってやる意味あるんすかねぇ~」とか考えながら話してましたがw あれほんと意味ないと思います。

でまあ、そんなんやってると、すぐに穏やかになりました。

主に話になったのは退職理由と志望動機。あとは職務経歴の確認。ほかに受けてるとこがあるか。


衝撃を受けたのが

海外勤務できますか?」


できるわけないやろ!!!

なんか、海外への転勤もなくはないらしい。いや「転勤なし」って求人票に書いてましたよね?

ただ何度も念をおされたのが「一応こちらも聞かないといけないだけ」「可能性の話であって、まずありえない」「そんな話きても私がいるうちは行かせない」と、何度も言われました。困ったなー。転勤拒否して医療機器の面接ダメにしてるしなー。

こちらは圧迫面接してくる会社とか入りたくないので、ややスイッチが切れてる状態ではあるんですが・・・まあ断るのはいつでもできるし、一応つないどくか・・・


私「まあ、まずないなら・・・」

工場長(間髪入れず)「ないです!大丈夫ですね、はい」


そのあと本社の二次面接に行ってくれと言われました。

工場長「あなたに好感を持っておりますので、こちらでやることは一度に進めてしまおうと思います」

んで今から筆記試験と作文をやってくれと。何だよ作文って!聞いてないぞ!


工場長「本来は日にちを分けるんですが、二度も来てもらっては申し訳ないので」


実際やってみると、筆記試験の計算問題と作文は悪くない出来だったと思います。ただ、教養つーか中学・高校生レベルの英語国語数学理科社会が出てきたのはまいりましたね・・・そっちはボロボロでした。


工場長「こんなの今さらやれって言われたってできないですよねぇw」

じゃあやらすなよw


そんな感じで二次面接が決定。あー心配だ。


帰り際


私「前任者はどうしてお辞めになるんですか?」


工場長「体・調・不・良」


あっ・・・


後編に続く!



現在はすでに転職先で働いています。
tsukuva.hatenablog.jp