宇宙戦隊キュウレンジャー第26話「闇の戦士、ヘビツカイメタル」

日曜朝はキュウレンジャーの時間です。


ここのところ集中力に欠けているナーガ。悩んでいるようです。キュウレンジャーになってからしばらく経つが、一向に感情を持つことができない・・・。そんなナーガにフクショーグンのアキャンバーが目をつけました。


オリオン号では、トケイキュータマの組み込みがもう一息のとこまで進みました。これが終わればオリオン号はタイムマシンの機能も備えることになります。ただ、もう少しだけ時間がかかるようです。司令は、ここまでがんばってきたメンバーたちに息抜きに出かけてくるよう勧めました。

というわけで、司令と作業中のバランス以外のみんなでバーベキューをすることに。


・・・とはいえ今日は放送日。肉を焼くだけのお話なんて許されません。バーベキューをしているとアキャンバーがやってきました。アキャンバーの力で周囲の人々の感情がやたらと開放され争いが始まりました。ここはみんなで戦ってひとまず撃退。

めでたし・・・のはずなんですが、ナーガはさらに悩むことになりました。さっきの戦いの最中、アキャンバーはナーガに「感情を開放させてやる。」と話したのです。

みんなもちょっと動揺しています。ナーガにも感情が眠っている・・・


チャンプ「そんなもんウソに決まってんだろ!」


それはひどすぎます。


ナーガの一族はもともとは激しい感情を持っていて、それゆえに争いを続けていた。争いを生まぬよう、彼らは感情を封印したという経緯があります。


みんなと離れて考え事をしているナーガ。ハミィちゃんが声をかけに来ました。
何と、アキャンバーのもとに行きたいと言いだすナーガ。ジャークマターのもとに行ったりなんてしたらどうなるかわかりません。ハミィちゃんはもちろん止めようとしました。しかしナーガは振り切って行ってしまいます。

もともと彼は、感情を手に入れるためにラッキーの仲間になっただけですからね・・・


そのころアキャンバーに感情を開放された人々が騒ぎを起こし始めました。ラッキーたちはふたてにわかれ、一方は人々をおさえ、もう一方はナーガを探しにいきます。


人々は無事に落ち着かせることができましたが、ナーガのほうは大変です。見つけはしたものの、すでにアキャンバーとともにいました。「そちらにつくなら倒さなければならない。」とツルギは言うものの、ナーガはアキャンバーに着いていくと宣言します。そして感情を開放され・・・

「ダークチェンジ」

ヘビツカイメタルと名乗る戦士が目の前に現れ、襲いかかってきました。

もともとそんなに負ける描写のなかったナーガですが、それにしても強くなりすぎてます。まあ仲間に戻ったら弱体化するんだろうな。強さを存分に見せつけるものの、やるだけやってとどめを刺さずに帰るお約束のおかげでキュウレンジャーたちは何とか助かりました。



オリオン号に戻り、バランスに事情を話すメンバーたち。バランスは落ち込みます。そして自分だけ過去に行かずに残りたいと話します。ナーガを取り戻すんだと。その気持ちはわかるし、ナーガの件を放置したまま過去に行くわけにもいかないよね、ってことでグループを分けることに。



バランス、ラッキー、ハミィちゃん、小太郎、ガルは残り、あとのメンバーは過去へ行ってかつての戦いの結末を確かめることになりました。

いやもう確かめるまでもないと思うよ。
ナーガに勝てないツルギがアルマゲ様を倒したとかありえないでしょう。


というか、過去に戻って、今この時間に帰ってくれば時間的ロスはないと思うんですが・・・まあいいや。今週はここまで!